ENGLISH 作品一覧 プロフィール お問い合わせ先 よせがき ごあいさつ
星新一タイトル画像

LATEST NEWS

 
2017.12.10
全国の書店にて、新潮文庫の「デビュー60年・没後20年 星新一フェア」開催中です。新潮社サイトのフェア紹介ページは、こちら。著作リストも掲載しています。
2017.12.09
12月14日、集英社文庫より刊行になるアンソロジー『短編伝説 旅路はるか』に「不満」が収録されています。
2017.12.08
12月1日刊行の新潮文庫『進化した猿たち The Best』の重版が決まりました。
2017.12.07
字幕と手話の番組「目で聴くテレビ」内の「手話で読む星新一のショートショート」第4回は「悲しむべきこと」(手話・白石弘)です。放送局と番組開始時間は以下です。京都放送(12月9日・朝8時)、テレビ神奈川(12月11日・朝9時)、CS放送(12月19日・夜9時)。第2回は「誘拐」、第3回は「ねらわれた星」でした。
2017.11.26
12月1日より全国の書店において、新潮文庫の「デビュー60年・没後20年 星新一フェア」が展開されます。フェアの帯がつく対象書籍はショートショート集を中心とした25点。フェア期間中に店頭にて配布する小冊子には、萩尾望都さん、浦沢直樹さん、太田光さんの「私と星新一」が掲載されています。また11月27日発売の「」には、川本三郎さんの書評「ヒトコマ漫画に見るアメリカ」と、新井素子さんと村田沙耶香さんの対談「私の好きな星新一」が掲載されます。詳細は本サイトのプロジェクトのページにて。
2017.11.25
今春、第4回日経「星新一賞」の学生部門で準グランプリとなった津久井五月さんが、長編『コルヌトピア』で第5回ハヤカワSFコンテストの大賞を受賞されました。おめでとうございます。
2017.11.23
寄せ書きを更新しました。今回の寄せ書きは、作曲家の濱田貴司さんです。
2017.11.19
12月1日に、新潮文庫『進化した猿たち The Best』が刊行になります。 アメリカのヒトコマ漫画のコレクターだった星新一が、大量の漫画を分類して分析したエッセイ集。本書は、絶版となっている『進化した猿たち』全3巻のなかから、特におもしろい17の項目を選んで1冊にまとめたベスト版です。
2017.11.17
12月1日〜3日、六本木のストライプハウスギャラリーにて、STAGE = LOVERSの第9回朗読会「STAGED READING 朗読舞台 星新一」があります。上演する作品は「ネコ」「服を着たゾウ」「肩の上の秘書」など7作品。ネコ組とゾウ組の公演内容が若干ちがいます。チケット予約は、こちら
2017.11.10
台湾の笛藤出版より、日本語学習のための星新一の短編集『日語閲讀越聴越上手 日本奇幻短編集I』(全2巻の第1巻)が刊行されました。MP3対応のCD付き教材です。収録作品は「逃走の道」「目撃者」「お地蔵さまのくれたクマ」「おみやげ」など13編。
2017.11.09
11月10日〜27日、ソウル市のパン劇場において、韓国国立劇団による「私は殺人者です(나는살인자입니다)」の公演があります。脚色・演出は、チョン・インチョル。内容は「おーい でてこーい」「知人たち」「鏡」「生活維持省」「ボッコちゃん」「宇宙の男たち」「薄暗い星で」「ひとつの装置」。星作品8話のオムニバスです。
2017.11.01
11月3日、ミキハウスより星新一ショートショートえほんシリーズの第1弾が刊行されます。それぞれに2作品を収録した『おーい でてこーい ☆ 鏡のなかの犬』(絵・中島梨絵)、『友を失った夜 ☆ とりひき』(絵・田中六大)、『サーカスの旅 ☆ 薬と夢』(絵・ももろ)の3巻です。全国の書店およびミキハウスショップにて販売。
2017.10.31
Editor’s Pickを更新しました。今回はエッセイ集『きまぐれ遊歩道』を紹介しています。
2017.10.28
11月9日に文春文庫より復刊になる『西郷隆盛と「翔ぶが如く」』の「比較人物論 明治の群像」の章に、星新一のエッセイ「伊藤博文と井上馨」が収録されています。
2017.10.26
10月30日、横浜市泉区民文化センター テアトルフォンテでおこなわれる「朗読と語りの集い」において、道草の会による「古風な愛」の朗読があります。
2017.10.26
10月4日、身延山山頂でおこなわれたエフエム富士の「中秋の名月 お月見観賞会」にて、森雄一さんによる「霧の星で」の朗読がありました。
2017.10.25
10月30日、WAVE出版より刊行の『新装版 教科書にでてくるおはなし 366』に「おみやげ」が収録されています。今年3月に刊行された『教科書にでてくるおはなし 366』のソフトカバー版です。
2017.10.24
10月28日と29日、新宿永谷ホールでおこなわれる「語り魔クラシック」にて「ボッコちゃん」の朗読があります。
2017.10.21
10月28日、高知県香美市の古民家 Circolo堂にて開催される「おとばなコンサート 〜 音楽と物語が心を潤す時間」(夜の部)で、「ボッコちゃん」の朗読があります。
2017.10.18
現在発売中の pen 11月1日号(特集・SF絶対主義。)に、牧眞司さんによる「星新一は、未来よりも人間の本源を見ていた」が掲載されています。
2017.10.18
10月30日に南雲堂より刊行になる『奇想天外アンソロジー 復刻版』(山口雅也・編)に、小松左京、筒井康隆、星新一の3人による「第1回 奇想天外SF新人賞 選考座談会」が再録されています。
2017.10.18
10月5日、千代田区の内幸町ホールで開催された「朗読がたりの会 第28回」にて、The 瑠璃による「鏡」の朗読がありました。
2017.10.17
10月13日刊行の『「時」から読み解く世界児童文学事典』(原書房)にて、『ボッコちゃん』が紹介されています。本書は、図書館、学校向けの書籍です。
2017.10.17
10月18日、国際交流基金日本語国際センター(さいたま市)でおこなわれる、海外の日本語教師を対象にした日本文化の授業にて「ボッコちゃん」の朗読があります。
2017.10.07
第5回 日経「星新一賞」には、2,209作品の応募がありました。一般部門:1,766作品、学生部門:162作品、ジュニア部門:281作品。たくさんのご応募、ありがとうございました。
2017.10.06
寄せ書きを更新しました。今回の寄せ書きは、SF作家クラブ会員でSF映画評論家の井口健二さんです。
2017.10.04
9月27日、文華女子中学・高等学校の芸術鑑賞会劇団かかし座によるHand Shadow Showがおこなわれ、星新一 ショート・ショート・ファンタジー(「ネコ」「悪魔」「おーい でてこーい」の手影絵)が上演されました。
2017.09.25
インターネットラジオステーション<音泉>で、9月25日から2週間配信される月の音色 〜radio for your pleasure tomorrow〜 にて、大原さやかさんによる「生活維持省」の朗読があります。
2017.09.23
ベトナムの Phuong Nam Book より『エヌ氏の遊園地』のベトナム語訳が刊行になりました。また、同社より刊行の日本人作家の作品をあつめたアンソロジー『旅 ― 日本エキジビション』には、「ふしぎなネコ」「椅子」など10の星作品が収録されています。
ホシヅル図書館のそのほかの言語(英語、中国語、韓国語以外)の表紙ギャラリーを更新しました。
2017.09.22
9月26日に、千代田区の内幸町ホールで開催される朗読赤十字奉仕団のチャリティー朗読会「和・輪・話」において、「財産への道」の朗読があります。
2017.09.22
9月23日に、新宿区の Shinjuku House で開催される「にじのにわ vol.12 一周年記念」において、一宮きなこさんによる「きまぐれロボット」と「目薬」の朗読があります。
2017.09.17
〈家族のニュース〉星新一の孫(星マリナの娘)のムーナ・ホワイトが、モーリシャスで開催されたカイトサーフィンの世界大会 GKA Kite-Surf World Cup Mauritius 2017 で優勝しました。英誌 KITEWORLD の記事 Whyte Retains the Top Spot and Takes the Title in Women’s Double-Elims
2017.09.15
9月29日、多摩市のココリアホールでおこなわれる万華鏡朗読会 Vol.32 にて、朗読ユニット アンシャンテによる「妖怪」の朗読があります。
2017.09.15
9月16日、都立荻窪高校の荻高祭で、演劇部による「ボッコちゃん」と「生活維持省」の演劇があります。(1時より視聴覚室にて)
2017.09.14
9月30日と10月1日、中野区のザ☆キッチンNAKANOにて開催される朗読集団遊奏人 第11回公演にて「ポケットの妖精」の朗読があります。
2017.09.13
9月29日〜10月25日、世田谷文学館作成の「どこでも文学館」出張展示バナー「SF入門 Vol.1 星新一」(イラスト・YOUCHAN)が、世田谷区立中央図書館で一般向けに展示されます。
2017.09.09
字幕と手話の番組「目で聴くテレビ」内にて、「手話で読む星新一のショートショート」(手話・白石弘)がはじまります。第1回は「約束」。放送局と番組開始時間は以下です。京都放送(9月16日・朝8時、19日・朝8時半)、テレビ神奈川(9月18日・朝9時)、CS放送(9月19日・夜9時)。CS放送の受信には専用の受信機が必要です。
2017.09.08
寄せ書きを更新しました。今回の寄せ書きは、古書店「盛林堂書房」店主の小野純一さんです。
2017.09.07
9月10日、横浜市旭区民センター・サンハートでおこわれる日本朗読芸術協会による朗読会にて、「利口なオウム」と「ふしぎなネコ」の朗読があります。
2017.09.06
ホシヅルの日。ごあいさつを更新しました。「カラフルな地球 ― SF作家の娘に生まれて」と、『泡沫の歌 森鷗外と星新一をつなぐひと』年内刊行のお知らせです。
2017.09.05
セルビアの出版社 Besna Kobila Publishing House より、セルビア語訳の短編集『Divno Nebesko Telo』(すばらしい天体)が刊行になりました。収録作品は「霧の星で」「宇宙からの客」「ああ祖国よ」ほか全30編。







  過去のニュース      プロジェクト       エヌ氏の会       ホシヅル ムービー 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

© 2008 - 2017 The Hoshi Library