ENGLISH 作品一覧 プロフィール お問い合わせ先 よせがき ごあいさつ
星新一タイトル画像

LATEST NEWS

 
2018.09.22
10月6日に河出書房新社より発売になるムック『文藝別冊 総特集 筒井康隆』に、筒井さんと星新一の対談「SFの可能性」が収録されます。(1980年「奇想天外」に掲載された対談の再録です)
2018.09.21
9月30日に、名古屋のドルチェ・アートホールでおこなわれるおとなの朗読会にて、CBCアナウンサーの光山雄一朗さんによる「目撃者」の朗読があります。(チケットはすでに完売しています。ご了承ください)
2018.09.20
9月22日、愛知県小牧市の東部市民センターのロビーにて、こまき演劇サークル エチュードによる「そして、だれも……」と「ネコ」の公演があります。
2018.09.19
9月26日に両国門天ホールでおこなわれる「すずし 朗読会」にて、柴田純子さんによる「オフィスの妖精」の朗読があります。
2018.09.18
小学館「小三教育技術」 10月号の「幅允孝さんが贈る 子供と一緒に読みたい本」で「新発明のマクラ」が紹介されています。
2018.09.15
9月8日と9日に、星新一賞の協力団体である世田谷文学館にておこなわれた、小中学生むけのショートショートのワークショップ「だれでも小説家」の写真が、星新一賞公式サイトのトピックスに掲載されました。講師は、江坂道場出身作家の荒居蘭さん。
2018.09.10
第5回日経「星新一賞」グランプリ受賞者・八島游舷さんによる「Final Anchors」ロングバージョンの電子書籍(Kindle)が、早川書房より発売になりました。
2018.09.09
寄せ書きを更新しました。今回の寄せ書きは、童話作家の山口タオさんです。
2018.09.07
9月11日放送のBS朝日「クイズ★モノシリスト」にて、第3回日経「星新一賞」に応募されたAIによる小説「私の仕事は」が紹介されます。
2018.09.06
ホシヅルの日。ごあいさつを更新しました。「星新一 × 真鍋博=本、ふたりの仕事」展のリポートです。
2018.09.01
第6回日経「星新一賞」の応募しめきりは10月1日。あと1か月です。みなさまのご応募をお待ちしています。
本サイト星新一賞のページ「星新一からのアドバイス」に、【アイデアを育てる三原則】ほか2項目を追記しました。アイデアと文字数の参考例も、ひきつづき公開しています。
2018.08.17
8月16日の毎日新聞愛媛版に、愛媛県美術館でおこなわれたトークショーの記事「父の仕事、語り合う 星新一×真鍋博展 娘、息子が逸話」が掲載されました。
2018.08.08
読売KODOMO新聞の書評コーナー「本屋さんイチオシ」で紹介された『きまぐれロボット』(理論社)が、今年の寄贈図書にえらばれました。読売新聞より、全国1500か所の学童保育施設に寄贈されます。
2018.08.07
寄せ書きを更新しました。今回の寄せ書きは、戸越銀座商店街 明昭館書店の田中千恵子さんです。
2018.08.05
8月4日の日経新聞コラム「あすへの話題」は、最相葉月さんによる「森鷗外の妹」。『泡沫の歌』(小金井喜美子・著/星マリナ・編)が紹介されています。
2018.07.30
東京メトロ9路線のメトロビジョンにて、第6回日経「星新一賞」のCMが放映されています。CMは星新一賞公式サイトでも公開中です。
2018.07.29
Editor’s Pick を更新しました。『できそこない博物館』を紹介しています。
2018.07.28
7月18日に、神戸大学附属中等教育学校にておこなわれた出張授業の写真が、星新一賞公式サイトのトピックスで公開されています。講師は、第2回グランプリの相川啓太さん。
2018.07.26
7月28日放送の「タイプライターズ 〜 物書きの世界 〜」(フジテレビ)にて、ゲストの村田沙耶香さんが、影響を受けた作家のひとりとして星新一をあげています。
2018.07.17
西日本にて大雨による被害にあわれたみなさまに、お悔やみとお見舞いを申し上げます。8月1日の愛媛県美術館でのトークショー「こどもと恐竜は語る、ふたりの父とその仕事」(参加無料)は、予定通りの開催となります。詳細は、愛媛県美術館ウェブサイトのトピックスで告知されています。また、Facebook ではコレクション展「星新一 × 真鍋博=本、ふたりの仕事」の会場の写真が公開されています。
日本SF作家クラブ公式サイトに掲載されたイベント案内は、こちら
2018.07.17
7月14日の日経新聞コラム「あすへの話題」にて、最相葉月さんが、星新一と交流のあった大塚勘治さんと牧野光雄さんについて書かれています。
2018.07.15
7月29日に開催される、東京都高等学校演劇連盟城西地区の第1回朗読劇コンクールにて、都立西高等学校演劇部による「空への門」の群読があります。
2018.07.14
本日、下北沢の Reading Cafe ピカイチでおこなわれる朗読公演「明後日は海の日」にて、来太さんによる「海岸のさわぎ」の朗読があります。
2018.07.13
第5回日経「星新一賞」一般部門で優秀賞を受賞された小竹田夏さんの新作ショートショート「テレビ的」が、Web光文社文庫 Yomeba! のショートショートの宝箱に掲載されました。
2018.07.10
7月24日に、高知市文化プラザかるぽーとでおこなわれるフルートとギターと語りのライブ 夜喫茶おとばな にて「ボッコちゃん」の朗読があります。
2018.07.07
寄せ書きを更新しました。今回の寄せ書きは、作家で放送作家の藤井青銅さんです。
2018.07.07
日経「星新一賞」公式サイトのトピックスにて、青山学院初等部で7月5日に開催された出張授業と、「ダ・ヴィンチ」誌と7月1日に共催したワークショップの写真が公開されています。
2018.07.06
本日の毎日新聞愛媛版に「星新一 × 真鍋博」展を紹介する記事「時代築く 二人の表現」が掲載されました。
2018.06.28
新潮文庫の100冊 2018 に『盗賊会社』が選ばれました。緑のプレミアムカバーです。7月1日より店頭にならびます。
2018.06.27
6月15日と22日、立教小学校にておこなわれた出張授業の写真が、日経「星新一賞」公式サイトのトピックスに掲載されました。講師は、第1回グランプリの藤崎慎吾さん。教材は「オアシス」「さまよう犬」など。
2018.06.25
8月1日2時より、愛媛県美術館の講堂にて、真鍋博氏長男の真鍋真さんと星マリナのトークショー「こどもと恐竜は語る、ふたりの父とその仕事」を開催します。古生物学者の真鍋真さんによる「午後の恐竜」の解説、星新一の生涯を家族写真を中心に紹介するスライドショーなど。また、当日ミュージアムショップで購入、あるいは持参された星新一の本に星新一の落款(スタンプ)を押す落款会もおこないます。
「星新一 × 真鍋真=本、ふたりの仕事」展は明日スタート。くわしくは、本サイトの星・真鍋展紹介ページをご覧ください。
2018.06.21
Editor’s Pick のページを更新しました。『祖父・小金井良精の記』を紹介しています。
2018.06.20
アマゾンの著者ページに、写真と情報を提供しました。







 過去のニュース   プロジェクト     写真帖      エヌ氏の会    ホシヅル動画 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

© 2008 - 2018 The Hoshi Library