ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
酒井直人「星の導き」

編集者(小学館)
 無性に本好きだったのだが、小学生の頃は一冊を読み通せない子供だった。 本の重さ、装丁、印刷のインクの匂いまで…… その佇まいが大好きだった。 しかし、最後まで読み続けられないのだった。 だから、読み通すことに強い憧れがあった。
 家の本棚にあった(母親がファンだった)星新一作品は、そんな僕にも優しかった。 一編が短く、そして何より面白い。 いつの間にか読み進めている。 そうして中学生になる頃には、どんな本でも読み通せるようになっていった。 そう考えると、星新一さんが、僕に編集者人生を与えてくれた恩人といえるかもしれない。

 一度だけ星新一さんに接近遭遇したことがある。 渋谷区にある私立高校へ通っていたのだが、そこに講演に来てくださったのだ。 当時その高校には星さんの次女・マリナさんが在校していて、つまり娘の学校に…… というご縁で。
 もちろん大ファンだった僕は、ドキドキしながら講演を聞いた。 笑顔がマリナさんそっくりだ、と思ったことも覚えている。 講演の後、サイン会も催されたが(たしか『きまぐれ博物誌』を持っていったと思う)、あまりの大行列を前に気持ちが萎え、ついにサインはもらえずじまいだった。 今となっては、何と惜しいことをしたんだろう、と思う。

 そんな少年(僕です)も、大人になり、社会人になり編集者となった。
 ここ数年は、アウトドア雑誌の編集長をやっていた。 いつも意識していたのは「ヒトはなぜアウトドアに出かけるのだろう?」という根本的ななげかけだ。
 自然の中へ出かけていく行為は、あまりにも早い都会生活のスピードに追われるうちに忘れてしまいそうな、大切な何かに対する本能的な警鐘なのかもしれない。 都会では計算通りにコトが進むのに対し、自然の中では計算外のことばかり起こる。 その計算外にこそ、隠されたヒトの本性が出る。

 アウトドアと星作品には共通点があると僕は思っている。 作者により計算された構成と、読者にとって計算外のオチにハッとさせられる快感。 ロマンとファンタジー。 進化しすぎた未来への警鐘。 それらをユーモアで読ませる。 何より、非日常を楽しむゆとりがないと楽しめないところ、などなど。
 そもそもアウトドアライフは、ロマンに溢れた非日常のショートショートみたいなもの。 テントの中、木々につられたハンモックの上、山小屋、旅の電車の中……。 非日常というスパイスをふりかけて読む星作品は、また格別なのだった。


2013年7月

バックナンバー
俵 万智
かんべむさし
堀 晃
小梶勝男
草上 仁

長谷敏司田中二郎島田雅彦相川啓太古川伸一
野口聡一二宮由紀子尾川 健矢崎存美和久田み晴
はるな檸檬石黒 浩斎藤 肇村井 源成毛 眞
中垣理子伊藤汎美横田順彌村木 亨日下三蔵
角川春樹森下一仁難波弘之星 一良斎藤由香

太田忠司真鍋 真乙部順子最相葉月南山 宏
鏡 明酒井直人高齋 正大森 望和田 竜
武田友則牧 眞司松原 仁渡辺 東後藤貴志
ボナ植木小松良明森 輝美荒俣 宏北野勇作
北原尚彦夢枕 獏浅羽通明マキタスポーツ藤崎慎吾

新井素子江坂 遊大澤徹訓和田 誠Char
林 敏夫浦沢直樹瀬名秀明井上雅彦和田信裕
筒井康隆大槻ケンヂ眉村 卓山本孝一加藤和代
小松左京とり・みき石川喬司豊田有恒望月一扶
星マリナタモリ高井 信御影たゆた枡野浩一
  過去のニュース      プロジェクト       エヌ氏の会       ホシヅル ムービー 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2017 The Hoshi Library