ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像



THE HOSHI AWARDS
ARCHIVE


毎年更新される日経「星新一賞」公式ウェブサイトに
星マリナがこれまでに寄せてきたコメントを保存しています。


第1回第2回第3回第4回第5回




第1回
求む! 親鳥

科学がものすごいスピードで進歩するなか、私のような人間と、最先端の科学者の「理系格差」はひろがるばかり。 巣にいるヒナに親鳥が半分消化したエサをはこんできてくれるみたいに、科学をよく理解している人が、科学を題材にした、みじかくて、わかりやすくて、おもしろい小説を書いてくれないだろうか、と思うわけなのです。 星新一という親鳥がいなくなってしまったので。




第2回
発想の芽に水を

第1回の星新一賞で個人的に一番うれしかったのは、ジュニアの上位に8歳の女の子がふたり入ったことです。 もしも私が小学生のときにSFを書いていたら、父はどんなによろこんだだろうか。 そして私の子供が小学生のときにSFを書いていたら、私はどんなにうれしかっただろうか。 でも! 同じ日本人、同じ地球人として、「自分の子供でなくても充分うれしい」ということを知ったのでした。 小・中学生のジュニア部門、そしてもちろん一般部門も、みなさまのご応募をお待ちしております。




第3回
未来のあなたも

人工知能も宇宙人も応募可の星新一賞ですが、「未来人はダメなのか?」ということを考えてみました。 「未来からきた人の書いたSFって、今の人が読んでも意味不明なのでは?」という問題に気づいたものの、「時代小説でエントリーしてもらったらちょうどいいかも!」と早くも解決策を見つけたのでした。 未来からいらした方は「時代小説」で、現代の方は「未来小説」で。 みなさまのご応募をお待ちしております。




第4回
朝です

宇宙から来たかぐや姫と、海中で暮らした浦島太郎。 ミクロ戦士の一寸法師に、無重力ガウンで舞う羽衣天女……。 日本人は昔からSFが大好き!
あなたのなかにも眠っているSFはありませんか?  見つかったら、今すぐゆりおこして文章にまとめ、9月30日までに送信してくださいね。 関係者一同、たのしみにお待ちしております。




第5回
過去×過去=未来?

星新一いわく、SFの発想を得るひとつの方法は、昔のもの(江戸時代の古道具など)を見て、それが使われた当時の様子を想像すること。 それから、その想像を未来のほうに逆転させるのだそうです。 遠い未来の人は私たちの生活をどう想像するだろうかと……。 過去をじっくりと見つめ、そしてうしろをふりかえると、そこには未来人の眼が!?  普段使わない部分の脳をパチパチと活性化させて書いた小説。 たのしみにお待ちしております。




 過去のニュース   プロジェクト     写真帖      エヌ氏の会    ホシヅル動画 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2018 The Hoshi Library