ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
星マリナ「眠らない家」
星新一・次女
 父はいつも夜遅く仕事をしていたので、小さい頃は原稿を書いている姿を見たことがなかった。作家というのは、ほとんど働かなくてよい職業なのだと思っていた。起床時間、お昼。起きてすぐはあまり頭が動いていないらしく、ソファに横になっている父に何かを聞いても、「うー」とか「むー」とかいう返事が返ってくるだけだった。

 高校生になって、父が原稿を書く姿をときどき見るようになった。例えばテストの前の日、夜中になってからわからないことが出てくる。書斎に行くと、父は机に向かってやたらシャキッとしている。質問をすると、百科事典を出してその項目のページを開いてくれる。私が、「えー、こんな長いの今から読んでる時間ないよ」と文句を言うと、数秒目を走らせたあと、「ほら、ここに書いてあるよ」と重要な部分を教えてくれるのだった。

 そういうときの父は、脳が絶好調という感じだ。

 いつ書斎に入っていっても、不思議なことに、「今忙しいからあとで」とか「普段から勉強しないからダメなんだ」というようなことを言われたことはなかった。

 今から思えば、夜中限定の「動くグーグル」みたい。

 私は書斎のドアを閉めて自分の部屋に戻りながら、「普通の家では、夜中にわからないことがあるとどうしているのだろうか」と素朴な疑問を持つのだった。

 そんな父は、明け方になると冴えた頭を静めるためにお酒や睡眠薬を飲んで布団に入る。父が眠りにつく頃、母がお弁当や朝ごはんを作るために起きてきて、少し遅れて私と姉の1日も始まるのだった。昭和の東京にあった、眠らない家の話である。

2008年7月


バックナンバー
小梶勝男
草上 仁

長谷敏司田中二郎島田雅彦相川啓太古川伸一
野口聡一二宮由紀子尾川 健矢崎存美和久田み晴
はるな檸檬石黒 浩斎藤 肇村井 源成毛 眞
中垣理子伊藤汎美横田順彌村木 亨日下三蔵
角川春樹森下一仁難波弘之星 一良斎藤由香

太田忠司真鍋 真乙部順子最相葉月南山 宏
鏡 明酒井直人高齋 正大森 望和田 竜
武田友則牧 眞司松原 仁渡辺 東後藤貴志
ボナ植木小松良明森 輝美荒俣 宏北野勇作
北原尚彦夢枕 獏浅羽通明マキタスポーツ藤崎慎吾

新井素子江坂 遊大澤徹訓和田 誠Char
林 敏夫浦沢直樹瀬名秀明井上雅彦和田信裕
筒井康隆大槻ケンヂ眉村 卓山本孝一加藤和代
小松左京とり・みき石川喬司豊田有恒望月一扶
星マリナタモリ高井 信御影たゆた枡野浩一
  過去のニュース      プロジェクト       エヌ氏の会       ホシヅル ムービー 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2017 The Hoshi Library