ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像

PROJECTS


Publishing Grandma’s book THE BUBBLES

泡沫みなわの歌 森鷗外と星新一をつなぐひと』出版


森鷗外の妹にして、星新一の祖母。
ふたりの作家をつなぐ歌人・小金井喜美子の物語です。



 

イラスト・YOUCHAN



CONTENTS

第一部 幼少の星新一が子守唄がわりに聞きながら眠った喜美子の和歌 306首

第二部 随筆、日記、手紙、写真等のリレーでつなぐ森鷗外と星新一  26項目

  • 喜美子のエッセイと訳詩
  • 鷗外の日記と喜美子への手紙。ふたりの歌のやりとり
  • 新一のエッセイと、喜美子との写真
  • 与謝野晶子が喜美子の歌集に寄せた序文・序歌
  • 森於菟のエッセイ など

どちらも日本を代表する作家でありながら、時代もジャンルもちがい、一緒に語られることがない森鷗外と星新一を、子孫の「下から目線」で一緒に語る初の試み。(編者の星マリナは、星新一の次女、小金井喜美子のひ孫、森鷗外の曽姪孫)


ABOUT KIMIKO

「今の世に見ることのできぬほど語格正しく、かつやさしくも美しい文章」(永井荷風)

「明治中期の夫人の文学的の事績は今も人忘るまじ」(与謝野晶子)

「その文章は、常に若々しくみずみずしい。その上に自らなる品格のあるのが得難い」(森銑三)


COMMENTS

人類学者の妻という珍しい立場にある日常が驚異的です。
こういうふうにものごとを受け止める人、ただものではないですね。
森下一仁(SF作家・評論家)

遺体解剖に関する信じられないほど豊かな感性の和歌
まるで壮大な映画を見るかのような和歌、遥かな時を超えるSFチックな和歌
31文字の中に無限の宇宙が息づいているようです。
小松実盛(小松左京氏次男)


INFORMATION

書名  泡沫の歌 森鷗外と星新一をつなぐひと
   (「泡沫」は鷗外の『水沫集』と同じく「みなわ」と読みます)
著者  小金井喜美子
編者  星マリナ
刊行  2018年1月26日(小金井喜美子の62回目の命日)
発行  新潮社図書編集室(星ライブラリによる自費出版)
定価  税別1001円
部数  限定3000部
判型  新書判(ホシヅル文庫2)
頁数  200ページ
ISBN  978-4-10-910107-3

カバー&本文イラスト YOUCHAN(トゴルアートワークス)
本体表紙イラスト   正宗得三郎
本文デザイン     村松道代


WHERE TO BUY

・初回配本の30書店は、こちら。(配本は1月24日予定)
 それ以外の書店からは、お手数ですがご注文ください。
・オンライン書店:アマゾン  紀伊国屋書店  honto  7net  bookFAN
 TSUTAYA  楽天ブックス  HMV&BOOKS  e-hon  HonyaClub
盛林堂書房(東京都西荻窪 古書店)
文京区立 森鷗外記念館
・新潮社読者係からの直接購入
    電話 0120-468-465(平日10時〜17時)
    FAX 0120-493-746


ARTICLES and LINKS

読売新聞(2月11日朝刊)
作家「星新一」を育んだ鷗外の妹
(1月27日発売号)
鷗外・喜美子・新一 ならべてみると見えるもの
Book Bang レビュー
鷗外・喜美子・新一 ならべてみると見えるもの
YAHOO! JAPAN ニュース(2月12日)
鷗外・喜美子・新一 ならべてみると見えるもの
新潮社
泡沫の歌 森鷗外と星新一をつなぐひと
日本SF作家クラブ 新刊情報
幼少の星新一が聞きながら眠った三十一文字の子守唄
YOUCHAN ツイッター
ショートショートの…
(高井信さんブログ)
最終回文庫
《本書刊行関連記事「鷗外の妹宛て書簡見つかる 星新一さんの遺品から」掲載紙》
日経新聞
1月11日
山陰中央新報
1月12日
東奥日報
1月12日
福島民報
1月12日
四國新聞
1月12日
北日本新聞
1月12日
高知新聞
1月12日
千葉日報
1月12日
大分合同新聞
1月12日
    
佐賀新聞
1月12日
岐阜新聞
1月12日
伊勢新聞
1月12日
山形新聞
1月12日
東京新聞
1月15日
神戸新聞
1月16日
西日本新聞
1月17日
岩手新聞
1月19日
沖縄新聞
1月22日
《関連ページ》
ごあいさつ
『泡沫の歌 森鷗外と星新一をつなぐひと』刊行のお知らせ
プロジェクト
星一・著『三十年後』特別復刊(ホシヅル文庫1)
OPINION
『鷗外の恋 舞姫エリスの真実』についての講談社への抗議と
講談社刊星新一作品の版権引きあげのご報告

SPECIAL THANKS

書籍未収録の文献の収集には、和田信裕さんにご協力いただきました。
森於菟氏の文章の再録には、長男・真章氏夫人の森里子さんより許諾をいただきました。
喜美子のプロフィール写真は、小金井良一氏の孫・岡本洋子さんにご提供いただきました。
岸三二氏の次男・岸敬二さん作成の家系図および資料を参考にいたしました。
本体表紙は、正宗得三郎さんによる『泡沫千首』(1940)の装幀をモノクロで再現したものです。
鷗外から喜美子への手紙は、最相葉月さんが評伝『星新一 一〇〇一話をつくった人』(2007)執筆時に遺品のなかから見つけてくださったものです。 新潮社写真部にて撮影し、手紙の判読には校閲部の中田圭祐さんにご協力いただきました。
『三十年後』につづき図書編集室の森重良太さんに担当していただき、校正には出版部の田中範央さんにもご協力いただきました。

みなさまに心より感謝もうしあげます。 ありがとうございました。


書名の漢字について 〈デジタルの時代に〉

鷗外の「鷗」は環境依存文字(U+9DD7)のため、機種によっては文字化けの可能性があります。 その場合は「鴎」をお使いいただきますようお願いします。 また、「泡沫」は「みなわ」と打っても出ませんので、「ほうまつ」を変換してください。 本書名の漢字により生ずるご不便もあるかと思いますが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。




   
  過去のニュース      プロジェクト       エヌ氏の会       ホシヅル ムービー 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2018 The Hoshi Library