ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
星治「テレビの中の星新一」

星新一の甥・金融機関顧問
 「パパがテレビに出てるよ」と何か意味ありげに兄から言われてテレビを見ると画面の左の方に確かに父が座っていた。 でも、なんか違う気がした。
 子供の頃のある晩、NHKの「連想ゲーム」を家族で見ていたときのおぼろげな記憶だ。叔父星新一の思い出で最初に浮かぶのが、なぜかテレビの中の姿だ。 父の星協一と遠目に似ていたので、当時の小さな白黒テレビ画面では子供の目にはすぐには判別できなかった。

 子供の頃の実物の新一さんの思い出は、戸越にあった父の実家に遊びに行って疲れてそろそろ帰る時間かという夕方、ぬっとどこからか現れてきた姿である。 声の記憶は殆どない。 今思うと、執筆明けの寝起きで1階に降りてきたタイミングだった。 子供の頃は明るい時間に出会った記憶がない。 原稿の締め切りに追われて大変な時期だったのだろう。

 もう少し経ってからの思い出と言えば、戸越の家をリフォームして作り付けた大きな書庫を見せてもらったときのことである。 いくつかの書架がレールに乗っていて、横に付いているハンドルを引くと、その書架がごろごろとゆっくりと動くものだった。 普通の家に大学にあるような格好良い本棚が置けるんだと印象に残っている。 新一さんは蒐集した海外の漫画や本を紹介してくれたが、残念ながら何を見せてもらったのかは思い出せない。 ただ、何かつぶやきながらその大きな本棚を動かすときのすごく楽しそうな新一さんの顔は忘れられない。

 私の中では、新一さんとその作品は全く別のものだ。 新一さんはテレビの中の印象から余り変わらず父の相似形だ。 一方、子供の頃から読んでいた新一さんの作品は、記憶とは違った形で知らずのうちに体に溶け込んでいる気がする。

 私は仕事で新商品開発に長く携わってきたが、人が手掛けていない新しいことにチャレンジすることが嬉しくてたまらない。 新商品開発は努力に比して決して報われるものではない気がするが、何か新しいことを思い付いたり、新しいことがほんの少しでも実現したりすると、この上ない心地良さが体内に満ちあふれる。
 10年以上前になるが、会社で新商品開発のチーム名に「未来いそっぷ」という名前を付けたことがあった。 社内では何から名前を取ったか気付いた人はきっといなかったと思う。 実際の商品名は普通の固い名前になってしまったが、「未来いそっぷ」が実現したときにはひとり悦に入っていた。

 私も新一さんがショートショート1001話を書き上げた歳になったが、今も何か新しいことがしたいという気持ちは全く薄れない。 これももしかすると新一さんとのつながりかなと感じている。


2019年6月

バックナンバー
藤田孝弘
豊田久子
星 治
八島游舷
早川世詩男

俵 万智濱田貴司山岸 真山口タオロバート・マシュー
かんべむさし井口健二粟野由美田中千恵子佐藤隆信
堀 晃小野純一北村 薫藤井青銅石川晴香
小梶勝男高梨通夫久保浩三之人冗悟福田和也
草上 仁佐藤 実伊藤紀之荒巻義雄荒居 蘭

長谷敏司田中二郎島田雅彦相川啓太古川伸一
野口聡一二宮由紀子尾川 健矢崎存美和久田み晴
はるな檸檬石黒 浩斎藤 肇村井 源成毛 眞
中垣理子伊藤汎美横田順彌村木 亨日下三蔵
角川春樹森下一仁難波弘之星 一良斎藤由香

太田忠司真鍋 真乙部順子最相葉月南山 宏
鏡 明酒井直人高齋 正大森 望和田 竜
武田友則牧 眞司松原 仁渡辺 東後藤貴志
ボナ植木小松実盛森 輝美荒俣 宏北野勇作
北原尚彦夢枕 獏浅羽通明マキタスポーツ藤崎慎吾

新井素子江坂 遊大澤徹訓和田 誠Char
林 敏夫浦沢直樹瀬名秀明井上雅彦和田信裕
筒井康隆大槻ケンヂ眉村 卓山本孝一加藤和代
小松左京とり・みき石川喬司豊田有恒望月一扶
星マリナタモリ高井 信御影たゆた枡野浩一
 過去のニュース   プロジェクト     写真帖      エヌ氏の会    ホシヅル動画 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2019 The Hoshi Library