ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
山下英則「星新一ファンとして過ごした日々」

エヌ氏の会
 私が星作品を初めて読んだのは、大学生の時、先輩から借りた『未来いそっぷ』でした。 それ以前にも学習雑誌などで読んだことがあったと思いますが、「星新一」の名前を意識したのはこの時からです。 たちまち、星作品の虜となり、全作品読破を目指しました。 そして、いつしか「エヌ氏の会」(星新一ファンクラブ)の存在を知り、すぐに入会を申し込みました。

 私が初めて星先生にお目にかかったのは、「エヌ氏の会」が1978年7月に開催した「第1回星コン」の会場でした。 思った以上に背が高くて、あの独特の少しくぐもった低音で話されるお姿を拝見して、ミーハーなファンだった私は大いに感動していました。 その後のひとときは、まさに至福の時間でした。 そんな状態でしたので、直接お話しすることもできず、他の会員たちとどんなお話をされていたかも記憶にありません。

 それ以降開催された星コンにはほとんど参加しましたが、オークションが実施されることもあり、星先生のご好意により出品されたいろいろなお宝の中で、私は星先生の生原稿を落札することができました。 それも、下書きと清書の2種類を持っています。 しかし、同時に落札したものではありませんので、別々の作品なのがちょっと残念です。 また、角川文庫の革装特製本も入手しました。
 「星コン」のおみやげとしても、いろいろなものをいただきましたが、中でも、銀製のホシヅル・カフスボタンは大事にしているもののひとつです。
 消しゴムはんこで手作りのホシヅルスタンプを作成して、「星コン」で販売したこともありました。 今から考えると、星先生に許可をいただかないでやっていました。 しかし、星先生にも差し上げて、受領証代わりにスタンプ帳にサインをいただきましたので、事後承諾していただけたものと勝手に解釈しています。

 「エヌ氏の会」の林会長と一緒に、「星コン」に出席される星先生をお迎えに戸越のご自宅へお伺いしたことも貴重な思い出になっています。 最近でも、テレビで戸越銀座の紹介番組があると、懐かしく当時を思い出したりしています。
 最相葉月氏の評伝『星新一 一〇〇一話をつくった人』の中で紹介されているエピソードのひとつに、「星コン」の際にお渡しした花束のバラの品種が「スーパースター」だったというものがありますが、この花束を購入する時にも立ち会っていた記憶があります。

 「エヌ氏の会」の会員として過ごした中で、ひとつだけ残念かつ申し訳なく思っていることがあります。 それは、松山での開催を企画していた「第4回星コン」が幻となったことです。 星先生のご都合を考えず、私の力が及ばなかったため実現には至りませんでした。
 若気の至りとは言え、いろいろと失礼なことも多かったと思いますが、星先生はいつもにこやかに穏やかに見守って下さっていたと思います。 星ファンとして、本当に素晴らしい日々を過ごすことができ、幸せに思っているしだいです。

 星先生がお亡くなりになった後も、「エヌ氏の会」の名のもと何度も集合しては、お墓参りや「星新一展」観覧などを実施しました。 今後も何かの機会には集合して会員諸氏と旧交を温め、星先生を偲びたいと願っております。


2019年12月

バックナンバー
藤田孝弘
豊田久子山下英則
星 治長谷川由美
八島游舷東 雅夫
早川世詩男山本 弘

俵 万智濱田貴司山岸 真山口タオロバート・マシュー
かんべむさし井口健二粟野由美田中千恵子佐藤隆信
堀 晃小野純一北村 薫藤井青銅石川晴香
小梶勝男高梨通夫久保浩三之人冗悟福田和也
草上 仁佐藤 実伊藤紀之荒巻義雄荒居 蘭

長谷敏司田中二郎島田雅彦相川啓太古川伸一
野口聡一二宮由紀子尾川 健矢崎存美和久田み晴
はるな檸檬石黒 浩斎藤 肇村井 源成毛 眞
中垣理子伊藤汎美横田順彌村木 亨日下三蔵
角川春樹森下一仁難波弘之星 一良斎藤由香

太田忠司真鍋 真乙部順子最相葉月南山 宏
鏡 明酒井直人高齋 正大森 望和田 竜
武田友則牧 眞司松原 仁渡辺 東後藤貴志
ボナ植木小松実盛森 輝美荒俣 宏北野勇作
北原尚彦夢枕 獏浅羽通明マキタスポーツ藤崎慎吾

新井素子江坂 遊大澤徹訓和田 誠Char
林 敏夫浦沢直樹瀬名秀明井上雅彦和田信裕
筒井康隆大槻ケンヂ眉村 卓山本孝一加藤和代
小松左京とり・みき石川喬司豊田有恒望月一扶
星マリナタモリ高井 信御影たゆた枡野浩一
 過去のニュース   プロジェクト     写真帖      エヌ氏の会    ホシヅル動画 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2019 The Hoshi Library