ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
若井田久「星新一を追いつづけて」

(株)ワカイダ・プロダクション代表



ぼくの結婚披露パーティの寄せ書きより


 星新一さんが文壇で評判になりだしたころ、ぼくはテレビ朝日ドラマの脚本のもととなるショートショート(=SS)をもらいに、一ノ橋近くの高層マンションの星さん宅へよく訪れたものだ。 あるとき玄関先の立ち話だったが、ぼくは、「SSを創作する秘訣は何ですか」と単刀直入に訊いてみた。
「そんなものありませんよ」
「いや、絶対にあるはずです。 秘伝とかをちょっぴり、教えてくれませんか」
「秘伝?……秘密にしているから秘伝なのです……強いていうなら、閃きですかね」
 ぼくは、なおも食いさがった。
「星さん、星さんはいま、どんな勉強をしていますか?」
「落語のオチです。だから、私は古典落語を研究中です」
 そう重い口調で答えてくれたのを、ぼくは今でも忘れないでいる。

 1990年の7月18日(ぼくの誕生日)に、講談社刊『愛の栞』(妻の康子とぼくとが結婚に至るまでの書簡集)を贈呈したところ、星新一さんから同年9月18日付の礼状が、ぼくの手許に届いた。

本当に久しくお会いしませんが、お元気のようで、なによりです。
立派な本をいただき、ありがとう存じます。
普通の作家には書けない内容で、心に沁みました。
本にまとめたい気分、よくわかります。
本年の夏は仕事になりませんでした。
私は五年前より、旧作の手直しをしています。
SF的なものは年月がたつと古びる部分があり、なじんでくれません。
予期しなかったことです。
新作をかくよりも楽です。
   若井田 久様へ
                        星新一より



 星新一さんは苦しみ抜いて、しかも晩年は書痙に苦しみながらも、1983年に1001篇の『SS』の作品を遺している。 数といい、内容といい、ぼくは驚嘆せずにはいられない。
 ぼくよりも四つ年上の星さんは、口調は重いほうだったが、話す内容はいつも正鵠を射ていて、婉曲な話し方を嫌う人だった。 それが星さんの持ち味であったとぼくは、かねがねおもっていた。
 ぼくが自分自身の経歴を振り返ると、テレビ映像制作の仕事とともに、執筆活動をはじめたのは、星さんからの強い刺激があったからだ、とおもっている。


2024年2月

バックナンバー
 
鵜川龍史
手嶋政明
星 幸恵若井田久
村瀬拓男堺 三保
清水順也菅 浩江

村上知子砂原浩太朗関元 聡加瀬信行池澤春菜
青山剛昌星 紀子下村思游小島よしお佐々木清隆
村上 岳細川隆平山田正紀山田玲子佐藤あい子
長山靖生小野塚力小竹田夏鈴木理策橋本喬木
本城剛史有栖川有栖佐藤史朗田中範央春華未来

藤田孝弘矢代新一郎白川小六谷川俊太郎醍醐忠和
豊田久子山下英則深田 亨鬼嶋清美田中直樹
星 治長谷川由美赤川次郎森 博嗣恩田 陸
八島游舷東 雅夫立原透耶津久井五月谷 章
早川世詩男山本 弘梅津高重傳田光洋花井 厚

俵 万智濱田貴司山岸 真山口タオロバート・マシュー
かんべむさし井口健二粟野由美田中千恵子佐藤隆信
堀 晃小野純一北村 薫藤井青銅石川晴香
小梶勝男高梨通夫久保浩三之人冗悟福田和也
草上 仁佐藤 実伊藤紀之荒巻義雄荒居 蘭

長谷敏司田中二郎島田雅彦相川啓太古川伸一
野口聡一二宮由紀子尾川 健矢崎存美和久田み晴
はるな檸檬石黒 浩斎藤 肇村井 源成毛 眞
中垣理子伊藤汎美横田順彌村木 亨日下三蔵
角川春樹森下一仁難波弘之星 一良斎藤由香

太田忠司真鍋 真乙部順子最相葉月南山 宏
鏡 明酒井直人高齋 正大森 望和田 竜
武田友則牧 眞司松原 仁渡辺 東後藤貴志
ボナ植木小松実盛森 輝美荒俣 宏北野勇作
北原尚彦夢枕 獏浅羽通明マキタスポーツ藤崎慎吾

新井素子江坂 遊大澤徹訓和田 誠Char
林 敏夫浦沢直樹瀬名秀明井上雅彦和田信裕
筒井康隆大槻ケンヂ眉村 卓山本孝一加藤和代
小松左京とり・みき石川喬司豊田有恒望月一扶
星マリナタモリ高井 信御影たゆた枡野浩一
 過去のニュース   プロジェクト     写真帖      エヌ氏の会    ホシヅル動画 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2024 The Hoshi Library