ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
ロバート・マシュー「Hoshi and I」

クィーンズランド大学 日本言語文学部 元学部長
 星新一という作家をはじめて知ったのは、1971年。 渋谷の紀伊国屋書店へ行ったときでした。 クィーンズランド大学で、オーストラリアの学生に日本文学を教える講義をもつことになり、資料をさがしていたのです。

 そのときに選んで購入したいくつかの短編集(早川書房《世界SF全集》28巻『星新一 作品100』、34巻『日本のSF 古典篇』、35巻『日本のSF 現代篇』ほか)を読み私は、日本の作家のなかで星新一が1番おもしろく、そして日本文学のなかではSFが1番エキサイティングなジャンルなのだという結論に達しました。

 その思いは、時がたつほどに強まっていきました。

 次に日本をおとずれた1974年には、品川にあった星さんの自宅にうかがいました。 自分で英訳した星作品41編を持参して、星さんに見てもらったのです。 うれしいことに星さんは、非独占を条件に、自分で出版社をみつけられたら、それらを出版してもいいという許可をくださいました。 そこには矢野徹さんも同席されていたと記憶しています。 私との会話で通訳が必要になることを想定して、星さんが矢野さんを呼んでいたのです。

 その滞在中に、さらにうれしいことがありました。 星さんが、私と妻、そして息子の3人を、ホテル・ニューオータニでおこなわれた日本SF作家クラブの集まりに、彼の個人的なゲストとして招待してくださったのです。 1974年11月のことです。 そのときの写真とスケッチをここに公開いたします。



マシューさん(中央)と星新一
左端は、早川浩さん
 
名前を忘れないように
アルバムに一緒に貼ったスケッチ
 

小松左京さんと

田中光二さん(中央)、豊田有恒さんと




 そのご、80年代から90年代にかけて、私が英訳した星作品96編が出版にいたりました。 36編は日本の講談社インターナショナルの『The Capricious Robot』(1986)に収録。 シンガポールのアジアパック社からは、20編ずつ収録した短編集3巻『The God with the Laughing Face』(1988)、『The God of Television』(1989)、『The God of Fortune』(1991)が刊行となりました。



      
これらの短編集に収録された作品のリストは、こちら



 さらに、私の訳した「きまぐれロボット」「新発明のマクラ」「おみやげ」「ネコ」は、日本の学校で使う英語の教科書に掲載されることとなりました。 こうして星さんは、私の努力もあって、何百万人もの日本の生徒たちに英語を教える、決して小さくはない役割をになうことにもなったのでした。



今回の寄せ書きは、英語で書かれた原文を星マリナが和訳したものです。


2019年2月

バックナンバー
藤田孝弘
豊田久子
星 治
八島游舷
早川世詩男

俵 万智濱田貴司山岸 真山口タオロバート・マシュー
かんべむさし井口健二粟野由美田中千恵子佐藤隆信
堀 晃小野純一北村 薫藤井青銅石川晴香
小梶勝男高梨通夫久保浩三之人冗悟福田和也
草上 仁佐藤 実伊藤紀之荒巻義雄荒居 蘭

長谷敏司田中二郎島田雅彦相川啓太古川伸一
野口聡一二宮由紀子尾川 健矢崎存美和久田み晴
はるな檸檬石黒 浩斎藤 肇村井 源成毛 眞
中垣理子伊藤汎美横田順彌村木 亨日下三蔵
角川春樹森下一仁難波弘之星 一良斎藤由香

太田忠司真鍋 真乙部順子最相葉月南山 宏
鏡 明酒井直人高齋 正大森 望和田 竜
武田友則牧 眞司松原 仁渡辺 東後藤貴志
ボナ植木小松実盛森 輝美荒俣 宏北野勇作
北原尚彦夢枕 獏浅羽通明マキタスポーツ藤崎慎吾

新井素子江坂 遊大澤徹訓和田 誠Char
林 敏夫浦沢直樹瀬名秀明井上雅彦和田信裕
筒井康隆大槻ケンヂ眉村 卓山本孝一加藤和代
小松左京とり・みき石川喬司豊田有恒望月一扶
星マリナタモリ高井 信御影たゆた枡野浩一
 過去のニュース   プロジェクト     写真帖      エヌ氏の会    ホシヅル動画 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2019 The Hoshi Library