ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 Editor's Pick 
発売から時間がたっているものをあらためて紹介するページです。
祖父・小金井良精の記
新潮社 電子書籍 (上巻下巻
2017年8月4日発売
 
博士町と呼ばれた曙町(文京区)で、大好きなおじいさん、おばあさんと暮らしたなつかしい記憶と、おおくの文献と取材にもとづく、私的でかつ客観的な評伝です。 準備と執筆に3年をかけた本書は、星新一の作家人生で最長の作品(原稿用紙1300枚)となりました。
良精は、戊辰戦争で朝敵とされた長岡藩の武士の次男。 長岡から仙台まで徒歩で逃げて生きのびた9歳の少年は、明治維新後、苦学して東大医学部を首席で卒業。 ドイツへと留学します。 生涯を研究に捧げて日本人のルーツに迫り、解剖学・人類学の泰斗とよばれるようになりました。
のちに星新一が「人類を書く作家」となった背景がよくわかる本書は、実は星新一の自伝でもあるのでした。 単行本の刊行は1974年。


本書に出てくるおもな親族と、星新一との関係
 
小金井良精(解剖学者・人類学者)母方の祖父
小金井喜美子(翻訳家・歌人)母方の祖母
森鷗外(文豪・軍医)大伯父(喜美子の兄)
星一(星製薬社長)
小林虎三郎(米百俵の逸話で有名な長岡藩士)良精の母の兄
森於菟(解剖学者)喜美子の甥(鷗外の長男)



2018年6月
バックナンバー
 
祖父・小金井良精の記

コミック星新一ノックの音が
盗賊会社きまぐれ遊歩道
宇宙の声 星新一ジュブナイル・セレクションたくさんのタブー
ほら男爵 現代の冒険気まぐれ指数
おかしな先祖ユキコちゃんのしかえし
夜明けあときまぐれ体験紀行
アシモフの雑学コレクション竹取物語
絵本 星新一ショートショートブランコのむこうで
星新一ショートショート DVD星新一 すこしふしぎ傑作選
ひらめきの法則つねならぬ話


  過去のニュース      プロジェクト       エヌ氏の会       ホシヅル ムービー 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2018 The Hoshi Library