ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 Editor's Pick 
発売から時間がたっているものをあらためて紹介するページです。
城のなかの人
角川文庫
1977年5月30日発売
2008年11月25日新装改版
角川書店 電子書籍
2011年7月7日発売
 
表題作「城のなかの人」は、豊臣秀吉の晩年にうまれた息子・秀頼の一生を描いた歴史小説です。 城からでることを許されない若き貴公子の視点と、歴史を俯瞰する作家の視点がまざりあう文章は、ショートショートでもSFでもないのに、星作品以外のなにものでもないと感じてしまう不思議。
本書はほかに、幕末動乱期を描いた「はんぱもの維新」と、「春風のあげく」「正雪と弟子」「すずしい夏」を収録した歴史・時代小説集です。


秀吉の残した夢・大阪城のなかで生きる「旗印」秀頼の思いに迫る

この城こそ太閤であり、自分の父なのだと考えるように努めてもみた。(城)

ほうぼうの金や銀の飾りが、きらりと微妙に光るたびに、秀頼は自分をみつめる城の視線のようなものを感じるのだった。(城)

この城そのものを、自由に移動させることができたら、さぞすごいだろうな。(治長)

城はわたしであり、わたしは城であった。(有楽)



2020年6月
バックナンバー
 
城のなかの人
ほしのはじまり 決定版 星新一ショートショート
つぎはぎプラネット
ありふれた手法
きまぐれ星からの伝言
明治の人物誌
星新一ショートショートえほん(ミキハウス)
これからの出来事
できそこない博物館ふしぎな夢
祖父・小金井良精の記殿さまの日

コミック星新一ノックの音が
盗賊会社きまぐれ遊歩道
宇宙の声 星新一ジュブナイル・セレクションたくさんのタブー
ほら男爵 現代の冒険気まぐれ指数
おかしな先祖ユキコちゃんのしかえし
夜明けあときまぐれ体験紀行
アシモフの雑学コレクション竹取物語
絵本 星新一ショートショート(KADOKAWA)ブランコのむこうで
星新一ショートショート DVD星新一 すこしふしぎ傑作選
ひらめきの法則つねならぬ話


 過去のニュース   プロジェクト     写真帖      エヌ氏の会    ホシヅル動画 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2020 The Hoshi Library