ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 Editor's Pick 
発売から時間がたっているものをあらためて紹介するページです。
殿さまの日
新潮社 電子書籍
2014年10月3日発売
新潮オンデマンドブックス
2001年9月7日発売
 
SFショートショートにゆきづまりを感じていた1971年当時、気分転換のためにと「小説サンデー毎日」編集者の石川喬司さんにすすめられて挑戦した時代小説は、意外にも好評。 3年連続で日本文藝家協会編の《代表作時代小説》にえらばれ、星新一の作家人生の一幕となりました。 昭和48年度版(1973)に「紙の城」、昭和49年度版(1974)に「薬草の栽培法」、昭和50年度版(1975)に「島からの三人」。 本書は、この3編をふくむ全12編を収録した時代小説集です。


時代物を書くにあたり

時代劇の映画やテレビを見ると、武士たちがばったばったと殺されるシーンがよく出てくる。 となると、その子息たちは、みな、かたき討ちの旅に出て、殺害者をやっつけなくてはならなくなる。

星新一「いったい、どうなっているんでしょう」
ある時代物作家「あれはフィクションですよ」

武士はめったに殺されないのだそうだ。 小説とはフィクションであることに、この私が気づかなかったとは。 (『ほしのはじまり』所収「時代物について」)



本書収録作品は、ポプラ文庫《星新一時代小説集》でも読むことができます。


2020年7月
バックナンバー
 
城のなかの人
ほしのはじまり 決定版 星新一ショートショート
つぎはぎプラネット
ありふれた手法
きまぐれ星からの伝言
明治の人物誌
星新一ショートショートえほん(ミキハウス)
これからの出来事
できそこない博物館
祖父・小金井良精の記殿さまの日

コミック星新一ノックの音が
盗賊会社きまぐれ遊歩道
宇宙の声 星新一ジュブナイル・セレクションたくさんのタブー
ほら男爵 現代の冒険気まぐれ指数
おかしな先祖ユキコちゃんのしかえし
夜明けあときまぐれ体験紀行
アシモフの雑学コレクション竹取物語
絵本 星新一ショートショート(KADOKAWA)ブランコのむこうで
星新一ショートショート DVD星新一 すこしふしぎ傑作選
ひらめきの法則つねならぬ話


 過去のニュース   プロジェクト     写真帖      エヌ氏の会    ホシヅル動画 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2020 The Hoshi Library