ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
堀晃「ゴッドファーザーからいただいた家宝の帯」

SF作家
 星さんは何度も作品に手を入れられることでわかるとおり、文章にきびしい。
 とくに誤植にたいしてはたいへんきびしかった。
 熱海旅行での宴席だったと思うが、『SFマガジン』は誤植が多すぎると指摘された。 確かにそうで、SFファンジン『宇宙気流』が誤植の特集をやったことがある。
 星さんが「いちばんあきれた」例としてあげられたのが「AC7317」だった。
 確か70年代前半のもので、星さんの書かれた文章の誤植ではない。
 縦書きにすると、文脈から「ACクラーク」の誤植とわかる。
 HAL9000よりも高性能のコンピュータのような印象で、ぼくはこの誤植が気に入り、その後、電子メールのアドレスのひとつとして「ac7317」を使用している。
 星さんはわがネット名の名付け親なのである。

 星さんは、造本……装丁や帯にもきびしかった。
 ぼくは2冊目の著作がショートショート集だったので、出版社からの希望もあり、星さんに推薦文を書いていただくことになった。 「ゲラを読んだ上で」といわれ、その後、こころよく引き受けてくださった。
 1980年の暮れに書店に並んだ。
 それが拙著『エネルギー救出作戦』である。



 推薦文は帯の裏表紙側にある。
 「S(科学)とF(フィクション)との調和がみごと」で「新鮮なアイデアをふまえていて、軽妙でありながら読みごたえがある」「彼の進境のいちじるしさを示す一冊である」と、身に余る文章をいただき、感激した。 ぼくの場合、1冊目が徹底した宇宙SFだったので、2冊目がショートショート集、しかも「神様」からの推薦文をいただいたというのは、まことにありがたいのである。

 しばらくして星さんからハガキが届いた。
 「今回の件については黙って見守っていてください」とある。
 何のことかなと思ったが、すぐ出版社から連絡があった。
 星さんがずいぶん怒っておられるという。 星新一の名前が大きく目立ちすぎで、これは著者にたいしてあまりにも失礼である。 帯を作り直してほしいと要求されたのである。

 星さんらしい気遣いだが、出版社に悪意はない。 ぼくの本心をいえば、指摘されるまで気にもしなかった。 著者名より大きいわけではないし(最近では、新書などで有名タレントが写真入りで推薦して、著者名がほとんど目立たない例が多いが)、当時としても普通のデザインと思う。 星さんの美学に反するのだろう。
 別の社の編集者に聞くと、書籍の流通事情から、帯の交換はむつかしいという。
 どうなるか心配していたのだが、しばらくして、ぼくの最初の著作が第1回日本SF大賞に決まったという知らせを受けた。
 出版社も大喜びで帯を作り直してくれた。



 受賞していちばんうれしかったのは、この問題が円満に解決したことだった。
 ふたつの帯はたいせつに保管してある。


帯の裏

旧版

新版

*それぞれの画像をクリックすると拡大します。




2017年4月

バックナンバー
 過去のニュース   プロジェクト     写真帖      エヌ氏の会    ホシヅル動画 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2021 The Hoshi Library