ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像
  2008 2009 2010 
2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 
2021 2022 2023 2024 


NEWS ARCHIVES

2024年
2024.06.24
第6回日経「星新一賞」で優秀賞を受賞されたAIエンジニアの安野貴博さんが、東京都知事選(7月7日投開票)に立候補されています。東京新聞ほかで紹介されています。
2024.06.23
7月10日、ゆまに書房発行、紀伊國屋書店販売による、電子書籍版『風景』第2回配本に、星新一のエッセイ2編 (第7巻収録の1963年12月号には「ペニシリン」、第9巻収録の1964年9月号には「あの頃」)が掲載されています。『風景』は昭和35〜51年に紀伊國屋書店が中心となり、来店者に販売促進のため無料で配布していた雑誌です。紀伊國屋書店100周年を記念して、半年分を1冊にまとめる形で電子書籍としての刊行がスタートしています。
2024.06.21
6月30日、金沢市のBar ashで開催のバラエティイベント〈にこ祭り〉にて、星新一朗読劇ユニットの3名による「しなやかな手」の朗読劇があります。
2024.06.20
6月27日刊行のキネマ旬報創刊100年記念ムック『キネマ旬報の100年』に、1968年5月下旬号掲載の「『2001年宇宙の旅』の謎を解く」が再録されます。小松左京さん、福島正実さんとの鼎談です。
2024.06.19
フランスで開催中の国際的な広告祭カンヌライオンズにて、第10回日経「星新一賞」のキャンペーン施策が、インダストリークラフト部門の銅賞を受賞しました。日経電子版の記事は、こちら。また5月には、ニューヨークの広告賞ザ・ワンショーにて、プリント&プロモーション部門のクラフト・イラストレーションで銀賞を受賞しました。The One Showのサイトで動画(シルバーペンシルの最初)を見ることができます。
2024.06.18
Youtube角川書店ブックチャンネルの角川文庫 x KISHOW《スペシャル朗読》にて、声優の谷山紀章さんによる『きまぐれロボット』の朗読が公開されています。「きまぐれロボット」「新発明のマクラ」「博士とロボット」の3編(それぞれ物語の半分まで)。本動画は、角川文庫夏休みフェア2024のプロモーションの一環です。*現在、システム障害によりKADOKAWAグループのサイトが利用できない状況のため、直接Youtubeへリンクしています。復旧次第、フェアのサイトへリンクを変更いたします。>>朗読企画についてのプレスリリースは、こちら
2024.06.05
カドブン特設サイト〈夏休みフェア2024〉にて、角川文庫『きまぐれロボット』のmtコラボカバーが紹介されています。今年のコラボカバーは4点(宮沢賢治、太宰治、田辺聖子、星新一)。夏休みフェアは、全国書店にて6月12日より展開されます。>>KADOKAWAシステム復旧までのカドブンnote出張所は、こちら
2024.05.20
このたび、アマゾンのサイトにて、「星新一の名言」と称した書道色紙2種が、無断で販売されていたことがわかりました。発売元に連絡し販売を中止していただきました。本サイトのお問い合わせフォームより、本件を通報いただいた方に感謝しております。ありがとうございました。
2024.05.01
5月12日、茨城県の小美玉市小川文化センター(アピオス)小ホールで、フルートとギターと語りのコンサート〈夜喫茶 おとばな〉が開催されます。和久田み晴さんによる「ボッコちゃん」の朗読があります。
2024.04.25
5月2日から14日まで、北海道岩見沢駅のイベントスペースi-Boxにて、北海道教育大学岩見沢校の朝日見帆さんの個展〈本とシルクと猫〉が開催されます。朝日さんデザインの「ネコ」のブックカバーも展示されます。
2024.04.23
スペインのサトリ出版より『きまぐれロボット』のスペイン語訳『El robot caprichoso』が、4月15日に刊行になりました。本書は、星作品のスペイン語訳で初めての単著となります。海外出版リストのスペインを更新しました。
2024.04.05
今回の増刷(133刷)をもちまして、新潮文庫『ボッコちゃん』の累計部数が、270万部を超えました。ホシヅル図書館のミリオンセラーリストを更新しました。
2024.04.04
本日11時よりエフエム世田谷で放送の〈ほんとわラジオ〉は、パーソナリティの河西美紀さんと星マリナのトーク前編です。後編の放送は4月18日。それぞれ本放送の翌週に再放送があり、再放送後には世田谷文学館ウェブサイトにて1年間のアーカイブ配信があります。星新一の祖母・小金井喜美子が新一について詠んだ和歌も紹介しています。
2024.04.04
毎春恒例の新潮文庫編集部選の学校用小冊子「中学生に読んでほしい30冊」と「高校生に読んでほしい50冊」の2024年度版が完成しました。「中学生」では『ボッコちゃん』、「高校生」では『妖精配給会社』が紹介されています。PDF版のダウンロードおよび冊子のお申し込みは、こちら
2024.03.31
4月1日より全国書店で展開される新潮文庫〈サクサク名作。おすすめ短編セレクション〉フェアに『マイ国家』と『妄想銀行』がえらばれています。
2024.03.29
新潮文庫『ボッコちゃん』電子書籍の累計販売数が5万部を超えました。
2024.03.26
本日の日本経済新聞(朝刊)にて、第11回星新一賞表彰式での受賞者と審査員のコメント、そして各作品のあらすじが紹介されています。受賞作品全9編を収録した電子書籍は、hontoにて無料で配信しています。
2024.03.12
日経「星新一賞」公式ウェブサイトにて、第11回の受賞作品の詳細を公開しました。
2024.03.09
3月17日、新宿の京王プラザホテルで開催の〈小野賢章ファンクラブ10周年記念 お昼のディナーショー〉にて、小野賢章さんによる「おーい でてこーい」と「妖精」の朗読があります。
2024.03.08
3月13日〜15日、多摩美術大学八王子キャンパスで開催の美術学部卒業制作展にて、齋藤葵さん制作の〈『ボッコちゃん』のイメージ世界〉が展示されます。新潮文庫『ボッコちゃん』収録50話のイラストレーションパネル(50枚)を壁一面にならべたものです。限定販売の図録にも掲載されています。
2024.03.07
3月9日、朝日放送ラジオ〈サクサク土曜日 中邨雄二です〉番組内、9時15分頃からのコーナー〈お喋り宝箱〉にて、小縣裕介アナウンサーによる「来訪者」の朗読があります。
2024.03.07
第35回読書感想画中央コンクール小学校高学年の部にて、水島優太さんが、理論社『クリスマスイブの出来事』所収の「ねぼけロボット」を読んで描いた感想画「はちゃめちゃロボット」が優秀賞にえらばれました。
2024.03.06
3月7日発売の「週刊新潮」書評欄 Bookwormの読書万巻に、星マリナが寄稿した『夜露がたり』(砂原浩太朗・著)の書評が掲載されます。タイトルは「江戸の空気に身をゆだねていたら… どんでん返しの劇的な満足感が!」。
2024.03.05
第11回星新一賞の受賞作品9編を収録した電子書籍(無料)は、hontoにて配信しています。受賞作品は、日経新聞電子版でも読むことができます。
そして、日経「星新一賞」受賞作品映像化プロジェクトのサイトにて、新たに17作品(第8回〜第10回受賞作の映像化)が公開となりました。東京造形大学の学生による、第1回から第10回までの映像化50作品をすべてご覧いただけます。
2024.02.22
日本経済新聞にて、第11回日経「星新一賞」の結果が発表になりました。一般部門グランプリは柚木理佐さんの「冬の果実」、ジュニア部門グランプリは竹腰奈央さんの「ライトコート」に決まりました。おめでとうございます。星新一賞公式ウェブサイト掲載のプレスリリースは、こちら
ChatGPTなどの生成AIの急激な普及に対応する意味で、応募をひとり1編と限定した今回、AIを使用した作品の応募は70編ありましたが、最終選考に残ったものはありませんでした。
2024.02.16
4月14日、横浜本郷台のあーすぷらざ映像ホールにて、葡萄文学・pinot*grls 企画の短編映画「殺し屋ですのよ」の上映会があります。
2024.02.13
3月9日と16日、VRChatにおいて、絵本の平行世界による星新一ショートショートの朗読会があります。9日の第1夜は「頭の大きなロボット」「気前のいい家」「天使考」、16日の第2夜は「ボッコちゃん」「妖精配給会社」「ふしぎなネコ」の各3話です。
2024.02.07
第5回 星新一ショートショートコンテスト(1983年)にて、「会話」が優秀作に選ばれた池田安孝さんをさがしています。お知らせをお読みください。
2024.02.03
2月9日〜11日、兵庫県立美術館で開催の〈神戸芸術工科大学卒展 カオス 2024〉にて、まんが表現学科の西田壮志さん作画の星新一原作漫画短編集が展示されます。収録作品は「夜の事件」「災難」「花とひみつ」「あーん。あーん」の4編。会場にて限定数の冊子を販売します。
2024.02.02
Youtubeに無断アップロードされていた星作品朗読の動画5本(合計再生数15,330回)を削除しました。本サイトのお問い合わせフォームより通報いただいた方に感謝しております。ご協力ありがとうございます。動画共有サイトに関するニュースのまとめは、こちら
2024.01.27
新潮文庫『アシモフの雑学コレクション』(星新一編・訳)が増刷(29刷)になり、累計18万部を超えました。本書を紹介したEditor's Pickはこちら
2024.01.25
秋田市立図書館作成の小学校高学年向けの「おすすめぶっくりすと」で、理論社刊『星新一 ちょっと長めのショートショート 親友のたのみ』が紹介されています。PDF版が、秋田市立図書館のウェブサイトに掲載されています。
2024.01.25
1月24日、テレビ朝日で放送の〈くりぃむクイズ ミラクル9〉にて、星新一に関するクイズがありました。
2024.01.18
2月17日、千葉県市川市の文学ミュージアム内ベルホールで開催の〈第5回 やまね&co 朗読発表会〉にて、澁谷範子さんによる「意気投合」の朗読があります。
2024.01.17
1月21日午後1時5分より放送のNHKラジオ第一〈小痴楽の楽屋ぞめき〉内で、柳家小三治師匠による、「かたきの首」を原作とした落語の口演があります。1974年5月3日放送の番組〈リクエスト寄席〉の再放送で、口演後に星新一と柳家小三治師匠のトークもあります。 らじる・らじるにて1週間の聴き逃し配信あり。(「かたきの首」は、新潮社刊『殿さまの日』所収)
2024.01.13
「デラックスな拳銃」「愛の鍵」など、吉竹遼さんが3DCGで制作した星作品16編に登場する装置をまとめた同人誌『GRAPHIC PROTOTYPES 星の装置たち』が刊行になりました。よりデザインのオンラインストアにて購入できます。
2024.01.13
本日午後6時よりBS-TBSで放送の〈夕焼け酒場〉にて、星新一が紹介されます。





 過去のニュース   プロジェクト     写真帖      エヌ氏の会    ホシヅル動画 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2024 The Hoshi Library